作成者別アーカイブ: mt312

ES-FORM ~高機能フォームデザイナー~

機能・特徴

esform

データベース不要で簡単にインストールできる、高機能で使いやすいフォーム作成アプリケーションです。
ASP型のレンタルフォームとは違い、自社のサーバに本格的なフォームを導入できます。
一般的な「問い合わせフォーム」はもちろん、「事業の見積もりフォーム」「バイトの募集フォーム」「商品のオーダーフォーム」などなど、用途に応じた最適なフォームが手に入ります。
他社と差の付くプロユースの機能が満載。毎月かかるランニングコストは見直しませんか?

  • HTML
    • 様々なデバイスに応じてフォーム幅が最適化されるレスポンシブ・デザインを採用※1
    • 入力ミスを瞬時にチェック!JavaScriptのリアルタイム・バリデーション機能搭載※2
    • 簡潔で読みやすく極めて美しいHTMLソース
  • メール
    • UTF-8メールで中国語やフランス語など外国語の問い合わせにも対応※3
    • メールの件名や文面にフォームからの入力値を使用可能
    • 応募フォームなどメールの件数によってフォームの一時停止が可能
  • セキュリティ
    • 安心の管理画面ログインIP制限機能
    • UTF-8以外の文字を悪用した攻撃をブロックするセキュリティ対策
    • フォームを経由しないHTTPリクエストをシャットアウトできる設定※4
  • フォーム
    • ファイル選択フォームをいくつでも利用可能※5
    • 住所や生年月日などの各種設定済みフォーム
    • 再入力や規約の同意チェックなど入力画面だけで利用する確認フォームの作成
    • 商品番号など管理者だけが必要な情報を埋め込むhidden要素の作成
    • 日付フォームの初期値をアクセス日にしたり任意の値に設定できる初期値の設定
    • リンク元から初期値を変更できるURLパラメータの設定
    • 注文フォームのリピーター向けに送信された内容を初期値として利用できるクッキーの設定
    • 入力エラーの表示位置の設定
    • フォームの必須マークや未入力マークの設定
    • フォームの上下左右に単位や記入例などを表示できる設定
    • 入力フォームにカーソルを当てると消える透かし(ウォーターマーク)を表示できる設定
    • フォームをグループ化する設定
    • グループ化した場合のグループ名の設定
    • チェックボックスと複数選択セレクトボックスの選択数制限の設定
  • その他
    • 類似のフォームが複数必要な場合に、既存フォームの複製が可能
    • 一時的なキャンペーンなどで使える公開期間の設定
    • ブログなど外部のページで使うためのフォーム部分の埋め込みコードの生成
    • Excelで読めるCSV形式に変換されたログファイルのダウンロード
    • 困ったときにブラウザでサッと読めるヘルプ・ドキュメント搭載
    • 特殊なサーバ用にPHPの設定を記述したphp.iniと.htaccessファイル同梱

※1、画面サイズに応じて3段階の調整。スマホなどの狭い画面では左右のカラムが上下2段へと変形します。
※2、入力したデータがサーバへ送られる前にお客様の端末だけで行われるチェック機能。
※3、旧式の端末ではメールが文字化けする場合がございます。
※4、ブログなど外部のページへ埋め込んで使う場合は有効にできません。
※5、端末によっては添付ファイルがサイズオーバーで受信できない場合がございます。

サンプル

管理画面のサンプルを見る

動作環境

PHP 5.1.3以上(PHP5.3対応)

購入

14,000円(税別)
こちらのフォームからご注文頂けます。

オプション有償サービスについて

設置が不安なお客様には、設置代行サービス(一般的な国内サーバの場合は8000円~)をご用意しております。
また、送信ボタンを指定した画像にして欲しいといったカスタマイズにも対応できます。
ご注文の際には是非ご要望をお寄せ下さい。

IMG-BBS ~多彩な表示モードを搭載した高速掲示板~

特徴、機能

imgbbs

  • XHTML 1.0 Strict by Shift_JIS
  • PHP4、PHP5対応
  • 画像対応形式(JPG、GIF、PNG)
  • 携帯から写メールによる画像投稿(要POP3サーバ)
  • パソコン用、携帯用の2種類のテンプレート
  • テンプレートエンジン未使用(テンプレート内で直接PHPが書けます)
  • 騙り防止用トリップ表示
  • メールアドレスが公開されないメールフォーム機能

推奨環境

PHP4.3以上推奨。
マルチバイト関数が有効になっている事。
セーフモードではお使いになれません。

サンプル

サンプルを見る

ダウンロード

必ず利用規約を読んで、同意の上でダウンロードして下さい。imgbbs.lzh

public_html / index.html (トップページ)
     │
     └─────── imgbbs / app アプリケーションディレクトリ
                        │
                        └─── data データディレクトリ
                              │
                              └─── img 画像ディレクトリ
                                   tmp 一時ディレクトリ

使用方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍する
  2. ファイルをサーバへ転送する
  3. 必要に応じてディレクトリのパーミッションを変更する
  4. ブラウザでアクセスしてパスワード設定
  5. インストール完了

写メール投稿手順

  1. 投稿フォームの「画像添付」にチェックを入れ記事を登録する
  2. 「コチラ」をクリックしてメールを作成して送信する
  3. 暫くしてから「受信ボタン」を押して記事を完成させる

更新履歴

2007/11/03 書き出し機能削除、キャッシュ機能追加
2007/10/29 タグの制限を緩和してYouTubeタグなどの複数属性に対応
2007/09/21 端末番号設定追加
2007/09/16 サムネイル加工設定追加、URL送信フォーム追加
2007/09/05 削除確認画面追加、顔文字パレット追加
2007/08/06 トリップ機能追加、UA投稿拒否設定追加
2007/07/13 写メール投稿大幅変更、発言ランク追加、管理者承認機能削除
2007/07/09 ID表示追加、携帯のメニュー追加
2007/04/14 管理者承認機能追加
2007/04/04 写メールの複数枚画像を一度にファイル化
2007/03/16 メールフォーム追加、EXIF画像の幅を取得
2007/03/13 RSS用スタイルシート追加
2007/02/18 トップページ書き出し機能追加、タグ有効化
2006/12/28 環境設定追加
2006/11/12 リリース

Smart Star Rater ~AJAXレイティング・ウィジェット~

特徴、機能

starrater

JavaScriptで動作する星付け評価スクリプトです。
prototypeやjQueryなどのライブラリ不要で軽快に動作します。
iPhoneなどのスマートフォンでもタップ操作で評価できます。
評価をテキストログで記録できるPHPスクリプト付き。

サンプル

サンプルを見る

ダウンロード

必ず利用規約を読んで、同意の上でダウンロードして下さい。SmartStarRater.lzh

ソース

<div class="star">
  <div class="star-rect" onmousemove="star.start(event, this, 1);"><ul><li>&nbsp;</li><li style="width: 80%;">&nbsp;</li></ul></div>
  <div class="star-text">
    <span><span id="starRates1">80</span>%</span>
    <span><span id="starStars1">4.0</span>/5</span>
    <span><span id="starUsers1">10</span>users</span>
  </div>
</div>

使い方

このスクリプトはページが読み込まれる際の初期化をしません。
予め「li要素」の横幅を%単位で与えておきます。(満点5★なら100%)
「star.start」の3番目と「span要素」のIDに同じ番号を割り当てて下さい。
データを受信する「vote.php」内でクリックされた「評価」と「ID番号」を取得できます。

オプションの変更

「star.start」の4番目にオプションを設定できます。

使用する星数
{length: 5}
変更した場合はCSSで「div要素」と「ul要素」の横幅を設定して下さい。
選択できる星数
{step: 1}
無効化する
{disabled: 1}
星1つ分の幅px
{width: 20, height: 20}
画像を切り替えたい場合に設定して下さい。
データ送信先
{sendto: ‘vote.php’}
クリックした時のデータ送信先を変更できます。
フォームで使う
{form: ‘hidden要素のid’}
クリックした時にデータを送信せずに、フォーム要素に保持しておきたい場合は「hidden要素」のIDを設定して下さい。

画像の変更

☆はul要素の背景、★はli要素の背景としてCSSで表示させています。
☆を最上部に配置して、★を最上部から40px(選択用)と80px(固定用)の位置に配置すると綺麗に重なります。
ずれる場合は「li要素」の「background-position」で位置を調節して下さい。
変更後は「width」「height」オプションと、「div要素」と「ul要素」の幅を変更して下さい。

注意事項

  • 「div class="star-rect"」要素を改行してしまうと、「Firefox」で内部要素を取得できません。
  • 「IE7」でも動作させたい場合は、CSSの「inherit」を使わずに親要素の「画像パス」に書き換えて下さい。

動作確認ブラウザ

  • IE 8.0.6
  • Firefox 3.5.3
  • Chrome 9.0.5
  • Safari 4.0.3
  • Safari iOS4.1

S-COUNTER ~高速アクセスカウンター~

特徴、機能

scounter

  • シンプルで高速なアクセス・カウンター
  • 累計、昨日、今日、一定時間内(閲覧中)、を計測
  • テキスト、画像(非連結)、一枚画像の3つの表示モード搭載
  • カウンター掲載側から桁数と表示モードの変更が可能
  • 一定時間内の連続アクセスカウント防止機能
  • 巡回クローラのカウント防止機能
  • 累計のキリ番メッセージ表示機能
  • 耐久性のあるファイルロック機能
  • アクセス統計機能搭載
  • 便利な携帯判別関数を搭載

サンプル

統計サンプルを見る

ダウンロード

必ず利用規約を読んで、同意の上でダウンロードして下さい。scounter.lzh

内容、構成

public_html / index.html (トップページ)
     │
     └─────── scounter / scounter.php
                  │      scounter.html
                  │      report.php
                  │      report.html
                  │      common.css
                  │      sprite.css
                  │
                  ├───── data  データディレクトリ
                  │
                  └───── gif   画像ディレクトリ (任意)

使用方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍する
  2. scounter.phpをメモ帳などで設定をする
  3. ページにカウンターを埋め込む
  4. ファイルをサーバへ転送する
  5. 必要に応じてパーミッションを変更する

カウンターの埋め込み方

このカウンターはPHP製ですので、埋め込むページがPHPファイルでなければいけません。HTMLファイルでも、拡張子を.phpに変えると使えるかもしれません。

まず、カウンタースクリプトを読み込んで下さい。アクセスすると$sc変数が生成されてカウントされます。内蔵の携帯判別関数を使えば、携帯の処理を分岐させる事もできます。PCと携帯で異なる表示モードを利用できます。

require_once 'scounter/scounter.php';
if ($sc->isMobile()) {
  // 携帯用の画面を出力
} else {
  // パソコン用の画面を出力
}

最後に、データを引っ張ってきます。
各カウントは桁数指定でき、それに満たない場合は左側に0が補われます。
(桁数を指定しなかった場合や、指定桁数を超えた場合は整形されません。)

3桁毎のカンマ区切りにしたい場合は桁数の次に1を与えて下さい。
[例:7桁カンマ区切り] total(7, 1) => 1.234.567

累計のカウントは<?php echo $sc->total(桁数); ?>
昨日のカウントは<?php echo $sc->yesterday(桁数); ?>
今日のカウントは<?php echo $sc->today(桁数); ?>
閲覧中のカウントは<?php echo $sc->online(桁数); ?>
キリ番の時だけ表示されるメッセージ<?php echo $sc->just(); ?>

画像モード

画像モードの場合は、0.gif~9.gifとカンマのc.gifを用意して下さい。
画像のディレクトリも設定します。(デフォルトは./scounter/gif/)
表示前にディレクトリを変更すれば、合計と今日のカウントを別々の画像にする事もできます。

// 画像モードにする
$sc->setMode('image');
// 画像ディレクトリを設定
$sc->setImgDir('/images');

スプライトモード(一枚画像モード)

このモードは、画像ファイルを一枚だけ使うので、桁数分の画像リクエストが発生せず、表示速度も上がります。ただし事前に手間がかかるので、サーバの負荷を極力減らしたいヘビーユーザー向けの機能です。

// スプライトモードにする
$sc->setMode('sprite');

一枚の画像を使って、各桁をspan要素の背景で表現します。例えば32は以下の様に出力されます。

<span class="d3"> </span><span class="d2"> </span>

まず、10桁がまとまった1枚画像(0~9の横並びが良いでしょう)を用意し、各桁の位置と幅をCSSで指定します。カンマ区切りにする場合はカンマ画像も追加します。以下の参考CSSを同梱しておりますので、読み込むページに合わせて文字コードを変換してお使い下さい。

/* 一枚画像モード用CSS */
#counter {
}
/* 背景や幅を設定する為にブロック化して桁を並べる */
#counter span {
  display: block;
  float: left;
}
/* 累計、昨日、今日、閲覧中の桁要素を包む要素 */
#counter span.wrapper {
  margin-right: 8px;
}
/* 桁要素に画像背景を設定 */
#counter span span {
  background: url(/scounter/gif/sprite.gif);
  background-repeat: no-repeat;
}
/* 画像背景の位置と幅を調節 .dcはカンマ */
#counter .d0{background-position:   0px 0px; width: 7px;}
#counter .d1{background-position: -10px 0px; width: 4px;}
#counter .d2{background-position: -20px 0px; width: 7px;}
#counter .d3{background-position: -30px 0px; width: 7px;}
#counter .d4{background-position: -40px 0px; width: 7px;}
#counter .d5{background-position: -50px 0px; width: 7px;}
#counter .d6{background-position: -60px 0px; width: 7px;}
#counter .d7{background-position: -70px 0px; width: 6px;}
#counter .d8{background-position: -80px 0px; width: 7px;}
#counter .d9{background-position: -90px 0px; width: 7px;}
#counter .dc{background-position: -100px 0px; width: 4px;}

例えば以下の様に埋め込んだ場合は、その下の様に出力されます。

<p id="counter">
  <?php echo $sc->total(2); ?>
  <?php echo $sc->today(2); ?>
</p>
<p id="counter">
  <span class="wrapper" title="total">
    <span class="d8"> </span><span class="d5"> </span>
  </span>
  <span class="wrapper" title="today">
    <span class="d2"> </span><span class="d3"> </span>
  </span>
</p>

更新履歴

2009/10/22 データ破損時に処理が中断してしまう問題を解消、携帯判別にiPhoneとAndroid追加
2009/08/11 処理速度向上、カウンター値確認画面追加
2009/05/28 携帯判別関数追加
2009/05/27 設定値や関数をclassで隠蔽
2009/05/23 スプライトモードのカンマ区切りに対応
2008/10/02 統計画面に月別アクセス数を表示
2008/08/23 表示モード設定削除
2008/03/10 大晦日のデータを翌年のレポートファイルに記録してしまうバグ修正
2008/02/16 簡単な統計レポート表示追加
2007/10/17 スプライトモード追加
2007/09/23 ファイルロックを更に強化
2007/09/19 ファイルロックを修正
2007/05/20 ロボットのカウント除外設定追加
2006/11/26 キリ番機能、一定時間内計測、などの変更と追加
2005/08/01 リリース

FLA-BBS ~インタラクティブなFLASH掲示板~

特徴、機能

flabbs

  • Adobe FLASHを使った掲示板
  • タイトルごとに記事を一覧表示
  • 付属のCSSでテキストの装飾を変更可能
  • flaファイル同梱で自在にカスタマイズ
  • しかも!著作権表示なし

推奨環境

  • PHP
    • 4.3以上推奨(4.2.3で不具合報告、4.2.4で完動報告あり)
    • マルチバイト関数が有効になっている事
  • FLASH
    • プラグイン バージョン7以上
    • FLASH MX 2004 ver7.0.1にて製作

サンプル

サンプルを見る (要FLASHプラグイン)

ダウンロード

必ず利用規約を読んで、同意の上でダウンロードして下さい。flabbs.lzh

内容、構成

public_html / index.html (トップページ)
     │
     └─────── flabbs / config.php   設定ファイル
                 │     flabbs.php   PHPファイル
                 │     amfdata.php  PHPファイル
                 │     log.cgi      ログファイル
                 │     flabbs.swf   FLASHファイル
                 │     flabbs.css   FLASH用スタイルシート
                 │     flabbs.html  アクセスファイル
                 │
                 └──── lock         ロックディレクトリ(任意)

CSS改造の注意点

FLASH用のCSSは通常のHTML用と比べると解釈が違ったりエラーが出やすい特徴があります。

使用方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍する
  2. config.phpをメモ帳で開いて設定する
  3. ファイルをサーバへ転送する
  4. 必要に応じてパーミッションを変更する

更新履歴

2007/02/11 エラー文はみ出し現象修正
2007/01/25 編集機能追加
2005/11/04 リリース